2017年 02月 26日 ( 1 )

2月25日   知らなかったことがたくさんある・・・

毎日の楽しみの一つ新聞小説「琥珀の夢」ー小説、鳥井信治郎と末裔
作家名は伊集院 静
大阪の商いの話。この日は、軍需品の納入でその品は”征露丸”であった。軍が戦場にいく兵士たちの脚気用にもたせた征露丸は”ロシアを征す”という命名で爆発的にうれたという。しかし兵士が帰国して、脚気には効かず下痢止めと歯痛に効果があったと宣伝されたという。
クレオソートの臭いのする粒、服用した記憶はある。戦後になって”正露丸”となったという。
ラッパのマークは進軍ラッパ。
時代を追う小説は知らないことをいろいろ教えてくれる。




川べりのボケの花
e0086885_15270333.jpg

[PR]
by yyyanoy | 2017-02-26 14:08 | その他 | Comments(2)