カテゴリ:books( 51 )

10月15日   植物園図鑑

一日☂・・・。
はりきって山(近所の)へ行くつもりが・・・。
アケボノソウやサラシナショウマを見るつもりが残念。

そこで近くのホームセンターへいく。
空き地のススキの原を見ながらだが、たった一本のナンバンギセルを見ることができた。こんなことでも気分がよくなる。
Ⅿさんちの野草を見て・・・。
ホトトギス(黄色やピンクや白のもあり)サンゴジュの赤い実がかわいい。
アキチョウジを一枝もらって・・・。

予報では174.png太陽が出る日は当分なさそう。

西南学院大学から出版された「聖書植物園図鑑」の本をいただいた。

e0086885_16245812.jpg


[PR]
by yyyanoy | 2017-10-15 16:25 | books | Comments(0)

8月17日   大型客船

港に大型客船
e0086885_15032553.jpg


e0086885_15030911.jpg

[PR]
by yyyanoy | 2017-08-17 15:03 | books | Comments(0)

7月18日   夏のアクロス山

夕方になって雨が降りすずしくなりましたが、朝倉、東峰村地区では打撃がますます大きくなっているようです。

夏のアクロス山はどんなかなと、10分もあれば登れるのに暑さに負けて写真だけ撮りました。
暑いので誰もいない。
e0086885_19561254.jpg


アクロスでコンサートと出たついでに本屋さんへ寄って2冊・・・。
e0086885_19572365.jpg


新聞広告で目にとまった「肺炎がいやならのどを鍛えなさい」
もう一冊は「若冲」
e0086885_19565228.jpg

[PR]
by yyyanoy | 2017-07-18 19:57 | books | Comments(0)

1月5日  本

だんだん寒くなってくる気配で、午後からは風もでてきた。
散歩も目的があった方がいいので、遠くのホームセンターまで歩いていってみた、ふだんは通らない道も結構たのしい。
宝くじの販売店では人が並んでいた、見ると「ここで一億円がでた!」と旗が風にたなびいていた。

読了した本は(おおげさな)夏目漱石の「硝子戸の中」
39の小品のエッセー集みたいなもの。
漱石の生家の馬場下の町や神社のなつかしい風景が思い出される。
今年秋には漱石が晩年に住んだ家の跡に新宿区が記念館を建てるという。
e0086885_21080834.jpg

[PR]
by yyyanoy | 2017-01-05 21:12 | books | Comments(2)

1月1日   新年

穏やかな新年です。
今年もよろしくお願いいたします

注文していた本が昨夜コンビニに到着で(近くに本屋がない)暗くなってから受け取りに行く。
そう読書好きではないけど、まずは読みたい本が手元にあると安心する。おまけに読みがおそいし
読んだことも忘れる・・・。たんなる自己満足。
今回は「絵描きと画材屋」がたのしみ。(洋画家・野見山暁治と山本文房堂・的野恭一の五十年)
でもまだ読みかけが一冊あるのでそれを読んでから。

e0086885_11534053.jpg

[PR]
by yyyanoy | 2017-01-01 11:55 | books | Comments(2)

12月28日  マイブック

北東の風がふき寒い!こちらは日本海側気候につきほとんど曇りか雨が多い。晴れる日は少ない。
宮崎から来た若いひとは「宮崎はいつも晴れよ!」という、そうあちらは太平洋側なんよ…。
千両のみを買った。庭の千両は鳥がすべてたべて・・・。
e0086885_11152904.jpg


今年もあと数日、2017年の新潮社のマイブックを買いにいく。とだえることなくつけることが出来ますように。
e0086885_20052831.jpg

[PR]
by yyyanoy | 2016-12-28 20:09 | books | Comments(0)

12月12日  萩 津和野

わりに温かい朝です、雲が厚くなってきてどうやら057.gifがふるようです。

「萩にいってみたい!」??「行ったことあるよ」「ない」という二人の会話。
「萩・津和野の本買ってきた」、「ふーん」で、後日こんな具合に。
ついでに「接待の手土産」もね。
e0086885_13381365.jpg


[PR]
by yyyanoy | 2016-12-12 13:48 | books | Comments(0)

11月16日   本

「今昔物語集」を何日もかかってやっと読み終えた。古文だけでなく現代語訳もついているので楽しめたと思っている。
貴族文学の「源氏物語」に対して庶民文学として、「今昔物語集」は平安時代に編者も目的もわからないらしいが、ながいあいだ闇にねむっていて江戸時代の半ばにだされたという。話数は一千を超える説話集でインドや中国のものもあってびっくりする。

各話は「今は昔・・・」で始まり、終わりは「と語り伝えているとか」で結ばれている。
情けないことに、読んだそばから忘れていくのだけど、
この本の最後のほうに「信濃国の姨捨山(をばすてやま)の語(こと)」の説話がある。
「妻の悪口に乗せられ、老いた姨母を山に捨てた夫」と現代語での文が書かれている。
深沢七郎の「楢山節考」の映画もあったな。
e0086885_21555527.jpg

[PR]
by yyyanoy | 2016-11-16 22:03 | books | Comments(0)

10月29日   ウチワエビ

えっ!と、思うような目にあった。怒る気持ちをぐっとこらえた。話し合いが終わった後、丁度お昼なのでおいしいランチをたべて過ごした。お付き合いいただきました方お二人に感謝!
平戸ウチワエビをいただいた。ワインで美味しく夕飯をすませた。おいしいものを食べる、話すことで救われた!
e0086885_20370245.jpg


前に買った本、「不機嫌な人は幼稚に見える」本の帯に「自分にも他人にも機嫌のいい人になる!」
そうだこの本を読んだのだとおもいだす。
e0086885_20371561.jpg
 和田秀樹著「感情的にならない本」
[PR]
by yyyanoy | 2016-10-29 20:41 | books | Comments(0)

6月25日   蚕の城

「蚕の城」(かいこのしろ)馬場明子著
九大では100年も前から蚕を飼育していて、突然変異体を見つけてその遺伝子を分析する研究を続けているという。メンデルの法則とか蚕を風穴へ移動するとか知らないことばかり・・・。日本最古の絹布は福岡市早良区の有田遺跡から見つかったという(弥生時代末期)。

e0086885_16302874.jpg

[PR]
by yyyanoy | 2016-06-25 16:31 | books | Comments(0)