<   2007年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

色鉛筆

先日、娘から「もらいものだけど・・・」といって送ってきました水彩色鉛筆です。しかも36色ドイツ製、うれしかったです。いままでは数色のえんぴつしかなかったのでなおさらです。
眺めているだけでいい気分です。

(うしろの花はストレプトカーパスです)
e0086885_19365080.jpg

[PR]
by yyyanoy | 2007-07-31 11:45 | スケッチ | Comments(2)

こんなんでした!!

e0086885_21451667.jpg
e0086885_21453223.jpg

         ↑ストーンヘンジの広大な平原の写真です。

e0086885_21432394.jpg英国で買ったインスタントカメラを現像してみたら画面に黒いものが不着して汚れていました。

カメラ屋さんの説明によると、あきらかにレンズ付のフィルムを再利用したものだそうです。しかもカメラ本体は黒いテープで補修されたあとがあるとのこと、そのときに糊のようなものがついたんでは・・・と。買ったときの包装にはどこ製とは記していなかったし、イギリスの国旗でおおわれていたのでまさかこんな粗悪品とはおもいませんでした。
どこまでも平原で羊がいた光景ですが、空にはからすが飛んでいるようです。
今回は予備のカメラを持っていかなかった!これも旅の思い出のひとつになりました。
[PR]
by yyyanoy | 2007-07-28 22:09 | 旅行 | Comments(12)

染物勉強会

e0086885_22205171.jpg
                           ピンクの染液e0086885_22125223.jpg
        グリーンの染液
e0086885_22134039.jpg

e0086885_22213123.jpg


夏の染物勉強会がありました。
きょうけつ染めで綿ローンのスカーフを染めました。
折りたたんで板をあてて、ひもでぎゅっとしばって染液にいれてしばらく煮る。板の当て方で柄がいろいろできるので出来上がってのお楽しみです。色の組み合わせや板の当て方で出来不出来がきまります。
思うようなものになるまでは勉強もかさねなければ・・・です。

そんなわけで午後の教室は欠席となりました。
[PR]
by yyyanoy | 2007-07-27 22:36 | 工芸 | Comments(0)

お見舞い

e0086885_1541453.jpg
友人のbansanが骨折して入院しました。当初はレントゲンにも異常なしだったので痛みはあったもののふつうに生活をしていましたら上から圧迫されて腰椎のところが折れてしまった、とのことです。
痛みをのぞけば食欲あり、よく眠れる、時間はたっぷりある・・・のは幸いだけどいくら個室とはいえPCは持ち込んでいないのでもっぱら携帯メールですって。

お見舞いにこれとおなじ本を買いました。彼女は茶道の先生でもあるのでお茶花が載っていますし、著者のドイツ文学者の池内紀氏のエッセイがいいのでこれにしました。
わたしのお気に入りの本でもあります。

bansanおだいじに。
[PR]
by yyyanoy | 2007-07-26 15:53 | books | Comments(4)

 10 旅の終わりに

e0086885_1113091.jpg

e0086885_13243446.jpg

最後のロンドンまできました。いままで田舎を廻っていたので何だか人の多さと車の渋滞にとまどいました。
ピカデリーサーカスの広場はまるで東京の新宿や渋谷のようです。

2012年にロンドンオリンピックが開催されるのであちこちでビルを建てかえるため工事中が多かったです。
古い教会や宮殿と対照的に新しい建物ができてます。

イギリスといってもイングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランドからなる4つの連合王国なのも勉強?しました、言語も英語とウェールズ語が公用語だそうです。比較的移民の受け入れがゆるやかなのでさまざまな民族のグループがあります、もっともおおいのがカリブ・アフリカ系で次はインド・パキスタンです。

ウェストミンスター寺院 ・バッキンガム宮殿の衛兵交替など見学しました。
午後からはツアーを離れてつれあいと大英博物館にいきました。ここは膨大な展示物があるのでしぼりこんでマイバス社のガイドを申込みました。ひとり2500円でした。
ロゼッタストーンをはじめよくもこんなに集めたんだなー英国はと・・・。

イギリス生まれのものは議会制・鉄道・大学・地下鉄・産業革命・サッカー・ゴルフ・競馬・それに水彩画など世界にひろまったものがこんなにあったとは。

夕方の食事時間に遅れてはいけないのでタクシーにのりました。
まず運転手に窓越しに行く先をつげてOKだったら乗ります(自動ドアではありません)
降りてから窓越しにチップとともにはらいました。
ロンドンのタクシー運転手になるにはきびしい制約があってむつかしいそうです。質の高いサービスを提供されてるかんじがしますので安心してのりました。
しかも車はオースチンで車内はゆったりしています。

こうしてツアー参加者全員(高齢者?!)は元気で最後の夕食をむかえました。

花の写真や教会・風景写真もとりましたがあいかわらず構図がわるかったりぼけていたりです。
でももういちどゆっくり見直してみたいと思っています。(ガーデンもすてきでしたから)

つたない「英国日記」これでおしまいです。
[PR]
by yyyanoy | 2007-07-25 11:43 | 旅行 | Comments(8)

9 ストーンヘンジ

e0086885_11222028.jpg
この日はバースで一世紀に築かれたローマ時代の浴場跡を見学しました。いまでも豊富な温泉が湧き出ていました。まるでプールのようなおおきい浴場や今でいうサウナ風呂もありました。お風呂のことを「バス」といいますがバースが語源だとか。

その後スト-ンヘンジにいきました。広大な平原に忽然とあらわれたなぞの遺跡です。
いつ、誰が、何の目的でどのようにはこんだのか・・・まるでミステリーの世界です。
[PR]
by yyyanoy | 2007-07-24 11:19 | 旅行 | Comments(4)

8 ウエッジウッド

e0086885_941525.jpg

e0086885_21215126.jpg

e0086885_21201112.jpg

[PR]
by yyyanoy | 2007-07-23 09:43 | 旅行 | Comments(4)

7 シェクスピア

e0086885_16535788.jpg

チェスターからウエッジウッドを見学してストラットフォードアポンエイボンにいきました。
シェクスピア誕生の家は裕福な商家でした。時代は十六世紀です。18歳のときに結婚してロンドンへ出て劇作家として活躍して49歳で亡くなるまで数々の作品を残しました。日本では丁度同じ年に徳川家康が死んだ年です。(この写真は家の裏側)
e0086885_16541731.jpg

e0086885_16525774.jpg

丁度夏休みに入ったせいもあって多くの子どもたちや観光客が訪れていました。あこがれの?作家の地にこられてたたずまいに見とれてカメラを落としてしまいました。
シャッターが開かなくなって・・・。
e0086885_17203849.jpg

一応インスタントカメラを購入しました。やさしい添乗員さんがすぐ2個14ポンドで(3500円)買ってきてくれました。仲間から「いやに派手なカメラねー!」っていわれました。ここでも英国をアピールしています。後日ロンドンで日本製を買いましたら地味にフジとしるしてあるのみでした。(ロンドンでは8ポンド)
[PR]
by yyyanoy | 2007-07-22 17:14 | 旅行 | Comments(3)

 7 ヨークシャーへ

e0086885_2363623.jpg

[PR]
by yyyanoy | 2007-07-21 23:07 | 旅行 | Comments(2)

6 ヨークシャー・プディング

e0086885_13574894.jpg

昼食の前菜にまずこれがでました。ヨークシャー・プディングです、見たところシュークリームの皮のようなもを肉のソースをつけて食べます。軽いのでたべやすくおいしかった。

e0086885_13585062.jpgイギリスの代表的なメニューのフィッシュアンドチップスは大皿からはみだしている。白身魚とポテトをあげたものがたっぷり!さすがこれもおいしかったが多すぎる!







e0086885_13582164.jpg

             デザートのシャーベットも大きかった!。
[PR]
by yyyanoy | 2007-07-21 14:32 | Comments(0)